Japanese | English

{Ȉ@


ZJhIsjIO

医院について


「診療保険制度」では、1回(1つの)治療行為を5分で行っても、
1時間かけても同じ報酬が得られます。

経営を考える医師は何分でその医療行為を行おうとするでしょう。

治療時間が短いのは、治療行為を早く終えたくさんの患者数を見る事で
1日の収入が得られる仕組みだからです。

言い換えれば、それだけ多くの保険点数を得ていかないと
安定した経営にならないという事実があるかぎり、
1人にかける治療時間を長くは出来ないのです。

歯科治療は本来非常に時間のかかる正確な治療でなければならないと考えています。
短い時間内ではたして、患者さんにとって正確な治療ができるのでしょうか。

保険診療での歯科治療は患者さんにとって良い制度なのか疑問視しなければなりません。
私が保険医をやめた理由はここにあります。

私も留学する前の若い勤務医時代は、
自分自身の売上げを上げる為に多くの患者さんを1日で診ていた時期もありました。
そして留学から戻り正しい歯科医療を行いたいと心に決めてから、
収入を上げる為に患者さんの数を多く診ることは重要ではないと考えています。

多く見て(診てないことが多い)、多く失敗するのであれば最初から、
間違いなく必要な時間を確保した上で、仕事をするのが歯科医療における基本と考えます。

それではどのようにすれば患者さんのために良いと考えられる
診療システムを作れるでしょうか。

私が思うのは、やはり患者さんとの時間を十分に取る事が必要だと考えます。
患者さんの考えを聞く時間がない限りはどんな治療行為も、
その患者さんのためには良いとは言えないでしょう。

家を建てるとした場合に、どんな希望があるかを自分から言わないで
建てることは普通できません。あるいは、それを良く聞いて、
実際に取り入れてくれなければ、住みやすい快適な家が出来たとは思えないでしょう。

他のサービスで考えれば、ありえないようなことですが、
医療現場にはそういう自己決定という権利があまりにも無いように思います。

また反対に、患者さん自身が治療に参加せず、
治療者に全てを任せてしまうケースもあります。

そうではなく、患者さんご自身の健康として自分自身の希望をもち専門家と共に
口腔健康に取り組んでいく事、それがよい治療効果を生むものと私は考えています。


医院について

 ・患者さん主体の診療
 ・包括的診療方針
 ・虫歯の治療
 ・根管治療
 ・歯周病の治療

歯の痛みの治療
予防
治療時間
専門医について
実際の診療の流れ
セルフケアマネジメント
診療時間&アクセス
予約のキャンセル
歯科医療の保険制度が抱える問題
料金表