Japanese | English

宮下歯科医院

DH Junko's Room


1989年  歯科衛生士ライセンス取得
 一般歯科、歯周病専門医院勤務後
 フリーランス歯科衛生士として
 臨床に携わる傍ら
 歯科医院にて診療システム構築
 及び衛生士トレーニングを行う
1998-2003年  歯周病専門の歯科衛生業務を担当
2005年  EPSDC研修会の
 ハイジニストワークコースを主宰
 「患者と共に歩む歯科衛生士臨床」
 をテーマに、ハイジニストの為の
 プライベートレッスンも開催中

Blog
Junco's BLOG 日々暮らしの中で一人想ふ...

リンク
歯周病治療体験記 KALEIDOSCOPE
             ↑
 私が担当させて頂いている患者さんのHPです。

PAGETOP

私たちの考え

過去に私たちは多くの患者さんにお会いしてきて、皆さんが口々におっしゃるのは、

「虫歯になっても治療を受ければ治ると思っていた」
「いいと思って選んだ歯医者だったのに、結局たくさんの歯を失ってしまった」
「もっと早く気がつけば良かった」

等など、非常に無念な思いを切実にお話されます。

歯を大切にしたいと考えておられる方が何故、このような思いをされるのでしょうか。

私たちは、このようなお気持ちを持っておられる方に
出来る限りのサポートをしていきたい。

そう願い、以来、EPSDCでは、
生涯にわたって出来る限り自分自身の歯を残していける、
『真の歯科医療』に取り組んでおります。

PAGETOP



正しい診断と医療計画が重要

一般的に歯科治療というのは、虫歯になった歯質部分を削り取り、
代わりに金属やセラミックなどの人工物に置き換え修復しています。
そして、歯冠部だけでなく歯根もインプラントという治療法で人工物に置き換え
修復することができています。

ですが、問題はその治療計画が正しい診断の元に立てられたかどうか。

もしかすると、その診断に間違いがあり治療は必要ないものかもしれないのです。
また、提案された治療よりも、
もっとしておかなければならない治療がある場合もあるのです。

その歯が、その痛みの原因が何なのか本当に正しく診断出来ているか
それによってはその歯の行方は大きく異なってしまうということを、
多くの方がご存じでないように感じています。

診査や診断というのは、どこの歯科医院でも同様なレベルで行われてはいない
ということ、それは歯科だけではなく医科でも同じ事が言えます。
もちろん、治療計画に続く実際の治療のレベルも術者により違いがあり、
治療結果も大きく異なってしまいます。

ただ、歯を良い状態で保存していくということを考えれば、
いかなる治療方法であっても本当は受けない方がいいのです。

実は、大きく歯を崩していく事になるからです。


PAGETOP



歯科衛生士として

歯の健康はとかく優先順位が低く、
ともすると殆ど考えた事もない方さえいらっしゃるのかもしれませんが、
本来であれば、持って生まれた自分自身の天然歯を生涯残す事ができ、
食生活や会話を楽しむ事が出来れば。と願われている方も少なくないと思います。

さて、歯科衛生士は歯科医療においてどのようなポジションにあるのでしょうか。 
残念ながら日本では、歯科医のアシスタントとして働くか、
その合間に歯のクリーニングやホワイトニングなどの業務を行っていることが一般的です。

でも本来は、人々の口腔内の健康を悪くしないような
サポートを行う職業であるのではないかと思います。

出来る限り長く歯を残していける、サポート役である歯科衛生士というのは、
実はあまり歯科医院に存在していません。

歯科医院に定期的に予約を取り、
歯科衛生士による歯石取りやクリーニングを受けていたとしても、
残念な事に実際には歯を失っていくのが現実なのです。

歯科衛生士がすべき事は、実はもっと別の事だと私たちは考えています。

このサイトをお読みになって、もしかすると、
更にご不安に感じられている方もいらっしゃるのではないかと思います。

初診のお申し込みは HP内の問い合わせフォームよりお申し込みも出来ますが、
ご来院なさる前に私たちと直接メールで相談も出来ますので、
まずはお悩みになっていらっしゃる事や、解決したい問題を、
メールにてご相談くださいませ。

メールでお答え出来る限界はございますが、
23日中にはお返事をお送り出来ると思います。

尚、電話でのお問い合わせですが、基本的にはお断りさせて頂いております。

診療時間内に直接私たちが電話に出る事は出来ませんし、
電話にはアシスタントが出る場合が多いですので、ご相談に応じる事が出来ません。
(激痛や腫れなどの緊急問題が発生している場合を除く)

お手数をおかけ致しますが、
私たちとの最初のコンタクトはメールでお願いする事となります。


PAGETOP



最後に

私たちは、『責任ある』歯科医療を行えるように、
様々な情報のご提供や、歯の健康維持に必要なサポートに真剣に取り組んでいます。
その為、1日に限られた数の患者さんのみの診療を行っております。

治療が始まれば、私たちもその治療に責任を持つ為に、
来院なさる皆様にも守っていただくこともございますが、


私たちの理論の押しつけでなく、
来院される方の口腔健康管理を共に考え、歩んでいく
それが私たちの営みでもあるのではないかと思っています。


PAGETOP